上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
無事つるりんこと一緒に、日本の最南端の島、波照間島に
行ってきました。
hikouki
長野からは、羽田空港に行って、那覇空港で乗り継ぎ、石垣空港に到着
石垣島からは高速船に乗り換えて波照間へと、トータル約7時間の長旅です。
hune
天気予報では、曇りか雨だったので、心配していたのですが
初日こそ曇ってはいましたが、二日目からは冬では珍しく
快晴になり、汗ばむ陽気でした!
つるりんこパワーのおかげです(^O^)/
それでは、つるりんこが大好きだった波照間島をご紹介します。
nisihamanisihama2nisihama3nisihama4
波照間と言えば、西浜がめちゃくちゃ綺麗です。
oyoguoyogu
つるりんこと一緒に泳いできました。
でもさすがに、冬なので冷たかったです(>_<)
sainanntann
つるりんこと日本最南端の碑で一枚。
tyou
波照間には冬でも、もちろん蝶がいます。
yagi
やぎもいっぱいいます。
yamori
つるりんこの好きだった、ヤモリ君です。
sanngonohamasanngonohama2sanngoniumoreterusanngono
つるりんこの大好きだった自称『珊瑚の浜』です。
これ全部珊瑚なんですよ~
珊瑚に埋もれて、つるりんこも嬉しそうです(笑)
hosizunanohama
こちらは、星砂がたくさん拾える浜です。
yuuhi
日本最南端の夕日です。
hosi
そして夜は、満天の星空で、これまたこの時期としては珍しく
南十字星も観ることが出来ました。
写真には撮れませんでしたが(汗)
awanami
そんな満天の星空の下、つるりんこと一緒に
幻の泡盛『泡波』をいただきました!
生産量が少なく、なかなか手に入らない泡盛です。
つるりんこが大好きでした。
tamasiro 
つるりんこがとても気に入っていた
そして、今回僕らもとてもお世話になった、民宿『たましろ』さんです。
ryouuri
たましろさん名物、豪華な食事です。
つるりんこは、この美味しい食事と泡波を凄く気に行っていました。
僕もとっても美味しく頂きました。ごちそうさまでした!
awanani
泡波を製造されている波照間酒造さんで、一枚。
tyuuzaisann
日本最南端の駐在所で一枚。
sakana
海が綺麗なので、港で魚も見れます。
aisu
黒糖とハイビスカスのアイスです。


という感じで、つるりんこと約束した波照間島に連れて行くを
ちゃんと守ることが出来ました。
つるりんこは、これで波照間島の永住権!?を手に入れられたと思います(笑)
僕はこれから、ちょっと寂しくなったら、つるりんこが愛したこの景色を思い出して
頑張りたいと思います。
そして、夢を実現させてレーサーとして成功して、またこの波照間島に
つるりんこに報告に訪れたいと思います。

機会がありましたら、とっても素敵なところなので
ぜひ、つるりんこが愛してやまなかったこの島を訪れてみて下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yomenanodesu.blog94.fc2.com/tb.php/22-2be6b746
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。